No.001
DIY作業台

DIYする際に大きめのテーブルが欲しいと180cm×90cmの作業台を作ることに。
作業していないときはなるべくコンパクトに収納できるようにソーホースブラケットを使ってみました。

用意するもの

  • 天板(パイン材)
    1800mm×900mm×30mm×1
  • 脚(2x4 ツーバイフォーSPF材)
    750mm×38mm×90mm ×6
  • 天板受け(2x4 ツーバイフォーSPF材)
    900mm×38mm×90mm ×2
  • ソーホースブラケット ×4
  • 金具類
    Lアングル ×16
    ビス×ブラケットのビス穴数
  • U-OIL
    古色ブラウン 170ml ×2
    アーミーグリーン 170ml ×1

費用 約¥20,000

作り方

1.仮組み

ソーホースブラケットに脚用の木材を差し込み仮組みします。

天板受けに脚を仮組みしたソーホースブラケットを挟みます。

2.テーブルの脚の作成

脚を開いた時、水平になるように斜めにカットする部分のサイズを測ります。

しるしをつけた箇所を斜めにカットします。

カットした部分をヤスリをかけて整えます。

3.ペンキ塗り

ペンキを塗る前に木材のすべての面にヤスリ掛けをします。

今回は古木の雰囲気を出したいので、「U-OIL」の古木ブラウンを塗り、乾いてからアーミーグリーンを布でまだらに軽く重ね塗りをしました。

1日程度しっかり乾かします。

4.ビス止め

天板受けをつける位置を測ります。

天板受けにLアングルを取り付けます。片側4つ、両側で8つ取り付けたら天板にビス止めします。

天板受けの位置を合わせ、ドリルで穴を開けてから、天板受けを天板にビスで固定します。

ソーホースブラケットに脚を取り付けビス止めします。

5.組み立て&完成

ソーホースブラケットの脚を4本とも挟み込んだら完成。

力を入れてもびくともしないDIYするのが楽しくなるオシャレな作業台が完成。

使わないときは脚を外せば立てかけてしまって置けます。