友安製作所 DIYコンテンツ メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚

No.011

メタル配管パイプでつくる
作業台付き壁面収納棚

いろんなDIYの紹介をしているうちにたくさん増えたさまざまな道具や工具やペンキたち。
一つの場所に整理して、ついでに細かな作業ができるテーブルも作ってしまおう!とハンガーラックやコーヒースタンドなどで何度か登場したマットな質感がかっこいいメタル配管パイプを使って、階段下のデッドスペースに作り付けの収納棚を作ることにしました。
このパイプはマットシルバーのみですが、部材に合わせてブラックに塗装しました。
デスクの脚は壁面をアイアンブラケット トライアングルで固定し、手前側は挟むだけで簡単にテーブルの脚になるアイアンレッグを使用しました。この部分もパイプにするともう少し費用を抑えることができます。
次回はデスク下に収納できるお揃いの配管パイプ3段ワゴン、次々回は有孔ボードを錆エイジング加工したアイアン風DIYツール収納ボードの作り方をご紹介します。

設計図

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚 設計図

用意するもの

木材

  • 【A】上段棚板
    幅1200mm×奥行300mm×厚み18mm…2
  • 【B】下段棚板
    幅600mm×奥行300mm×厚み18mm…2
  • 【C】天板
    幅1200mm×奥行700mm×厚み25mm…1
  • ベニヤ板
    幅60mm×奥行260mm×厚み4mm…10

メタル配管パイプ

  • 【D】パイプ 1300mm…1
  • 【E】パイプ 955mm…2
  • 【F】パイプ 310mm…13
  • 【G】クランパーL型/ブラック …5
  • 【H】クランパーベース/ブラック …14
  • 【I】クランパーT型/ブラック …8
  • 【J】両サドルバンド…4
  • 【K】片サドルバンド…16

作業台部材

  • 【L】アイアンブラケット/トライアングルL…2
  • 【M】アイアンレッグ/ロング/ブラック…2

塗料

その他

  • サンドペーパー
  • マスキングテープ
  • 作業用手袋
  • ウエス
  • ヘックスビット(4mm)
  • ビス

費用 約¥70,100
※パイプはセルフカットの場合。道具・ビス代除く

作業の前に

下地の確認

壁面収納棚を作る前に壁の下地を調べる

壁付けにする際は必ず下地位置を確認してから取り付け位置とサイズを決めます。下地チェッカーがあると便利です。
パイプベースには4つのビス穴があるので2つは下地のある位置につけるのが望ましいです。 下地の無い部分には石膏ボード用アンカーを、コンクリートの壁にはコンクリート用アンカーを使用してください。

作業のポイント01

DIYの作業ポイント01

作業にはマスキングテープが便利です。ズレやすいもの、押えないといけないものはマスキングテープでとめてからビスをうちます。

作業のポイント02

DIYの作業ポイント02

壁や木材にビスを打つ際は割れやズレを防ぐため全て下穴をあけてから行います。 深くあけすぎないように下穴用のビットにマスキングテープでマーキングしておくと作業がはかどります。

作業のポイント03

DIYの作業ポイント03

パイプ部材のパイプ飲み込み口の厚みが4~5mmあり、サイズが配管パイプぴったりのサドルバンドでは棚板に届かないため、ここでは4mm厚のベニヤ板を挟んでとめています。
当社では取り扱いがありませんが、径の大きいサドルバンドならベニヤ板なしで留めることができます。

作業のポイント04

DIYの作業ポイント04

パイプ部材のネジの方向は揃えます。壁側に向けると隙間が狭く作業がしにくい場合がありますので棚内側に向けます。また、ネジ位置が同じだと次のネジに移りやすいため作業もスムーズです。

作り方

1.木材を塗装する

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その1

デスク用の天板、棚板、ベニヤ板の全ての木材を表面・カット部分が滑らかになるまでサンドペーパーでやすります。
やすりがけが終わったら、木くずを綺麗に拭き取り、油性塗料をウエスを使って塗布します。 U-OILは底に成分が沈殿しやすいので、しっかりとかき混ぜてから使ってください。

2.パイプを塗装する

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その2

メタル配管パイプはシルバーしかないので、パイプも塗装します。
鉄部用の下地材非鉄バインダーをパイプを回しながら満遍なく全体にスプレーし乾かします。 ブラックスケールメタリックをよくかき混ぜ、使う分だけ別の容器に移し、パイプ全体に塗ります。 ムラが気になるようでしたら二度塗りしてください。

3.取付位置をマーキングする

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その3  

デスクのブラケットを取り付ける位置、パイプベースを取り付ける位置を測り、壁にマーキングしていきます。

4.作業台を取り付ける

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その4

壁にブラケットを取り付けます。二つとも取り付けたら天板を載せ、手前側にアイアンレッグをしっかりはめます。水平器で水平を確認し、水平になっていれば天板にブラケットをビスで固定します。

5.壁にパイプを取り付ける

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その5

パイプを仮組し、デスクとつなげる左側のパイプを壁にあて、ソケットの位置をマーキングします。 真ん中、右側も同じ高さにマーキングし、ソケット取り付け用の下穴を壁にあけていきます。

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その6

下穴を全てあけたらパイプ仮組のソケットを取り外し、ソケットを壁面にビスで固定します。 つけ終わったら、仮組したパイプをはめます。水平器を置き、クランパーT型の縦方向のネジを少し緩め、水平のとれた場所でネジをしっかりとめます。奥までパイプが押し込まれていること確認しながらソケット側もネジをしっかりとめます。

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その7

パイプのネジを留め終えたら、作業台天板にソケットをビスで固定します。 左側が終わったら、真ん中と右側も同じようにパイプを取り付けていきます。

6.棚板の取り付け

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その8

パイプを取り付け終わったら、棚板を固定していきます。
下からビスうちするため上段から行います。棚板をパイプの上に置いたら一度水平器でちゃんと水平になっているか確認します。

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚の作り方その9

棚板を左右の出幅が均等になるよう位置を整えます。
棚受けになるパイプと棚板の隙間にベニヤ板を滑り込ませ、マスキングテープで固定したら、両端には片サドルバンド、真ん中には両サドルバンドを手前と奥で2つずつビスで固定していきます。

完成

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚完成

上段から始め、4段すべての棚板を固定し終わったら完成です。

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚完成

ペンキやたくさんの道具も4段あるとすっきり収納できました。道具の紛失も防げそうです。

メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚完成

作業デスクに合わせてブラウンのカッターマットを敷いてみました。座った状態で塗装やカットなど作業しやすいよう天板の位置は床下から70cmの位置です。