No.004
ウィンドウフレーム

ネイビーカラーのおしゃれな飾り窓(ウィンドウフレーム・窓枠)
もとからある窓に取り外せる飾り窓を取り付け。ワイヤーネットでウィンドウディスプレイもワンランクアップ。

用意するもの

費用 約¥5,000 (塗料1色のみ使用の場合)

作り方

1.採寸・外枠の組み立て

窓枠の内側のサイズを測ります。
両側でサイズが微妙に違ったりする場合があるので、4辺を一つ一つ正確に測るのがポイント。
ここを間違うと全ての寸法が違ってくるので気をつけてください。

まずは外枠を組み立てます。2カ所に下穴をあけ、ビス止めしていきます。
今回から枠を作るときに便利な木材を固定するコーナークランプを使ってみました!すごく便利なのでオススメです。

2.扉の組み立て

枠のサイズと格子部分のサイズに問題がないか確認してから、格子部分から組み立てます。
まずは格子部分の位置を決めます。

格子の縦の中央の木材にダボ穴をあけます。(貫通させます)
ダボ穴をあける時ははじめにインパクトを回しながらあけると木材が割れにくくなります。

格子の横の部分になる木材にダボ穴をあけます。
同じようにダボ穴をあける時ははじめにインパクトを回しながらあけてください。

ボンドを塗ってダボを差し込みます。

金槌やハンマーなどでダボを深く押し入れます。後はボンドが乾いて固定すると格子部分の完成です。

次に扉の枠をL字に組み立てます。
ビスの頭部の大きさで木が割れることがあるので、ビスの下穴をあける時は最後にぐるっとインパクトを回して穴の入り口を拡げると割れにくくなります。

組み立てたL字の外枠に格子部分と取り付け、残りの部分を順番に取り付ければ扉の組み立てが完成。

3.ペンキ塗り

窓枠の色はシャビー感を出したいので深めのブルーグレーになるように、Dippin' Paintマットカラーの友安フレンチネイビーと黒板塗料のダークブルーベリーを1:1で合わせてから、黒板塗料のオリーブグリーンを少量まぜました。

ベース色を塗り2時間ほど乾かします。

アイアンフック GHB-1に合わせて蝶番にも塗装します。シャビー感を出すため錆エイジングのBrown RustをベースにブラックスケールメタリックとPBシルバーを少量混ぜました。

窓枠にも同じカラーで角やつなぎ目をスポンジでポンポンと叩きエイジング加工をしたら塗装が完成。

4.パーツの取り付け

ワイヤーネットを張っていきます。
ワイヤーネットをタッカーで留める時は、真ん中、上下左右と一か所留めたら反対側を留めるようにし、同じ個所ばかりを留めないのがポイントです。

取っ手を付ける位置を測りアイアンフックを取り付けます。

蝶番の位置も測ってから4カ所取り付けます。
今回はあまり開閉する予定はないため枠の奥に取り付けました。

5.取り付け

窓にはめ込みます。

扉が開くか確認して完成です。

6.コーディネート

クリスマスシーズンなのでリースや星と月の刺繍カーテンなどをコーディネートしてみました。

コーディネートアイテム