Dippin' Paint 黒板・コンクリートエフェクト
ツートンのカフェテリアの壁

用意するもの

手順

1.マスキング

コンセントやスイッチカバーなどは外してスイッチ部分を養生したり、床にシートを敷いてしっかり養生します。

2.下塗り

含浸シーラーを容器に移し替えてローラーに浸しこぼれ安いので注意して塗っていきます。
塗り終わったらよく乾かしてください。

3.ベース塗り

Cenebt Gray(一番明るい色のグレー)をよくかき混ぜて容器に移し、塗料に対して5%〜10%ほどの水を足してよくかき混ぜます。
ムラは気にせずひとまず全体を塗りきりよく乾かしてください。

4.乾燥・2度塗り

乾いたらもう一度Cenebt Grayを全体に塗りよく乾かしてください。

5.コンクリートの質感を付ける
(1回目:ダークグレー)

次にCenebt DarkGray、水、ビニール袋を準備します。
Cenebt DarkGrayに対して5倍の水で薄めてよくかき混ぜます。
ビニール袋をクシャクシャに丸めて浸してからよく絞ります。
ポンポンと叩いて模様をつけていきます。
つけすぎた場合は乾いた布で押さえるようにふき取ります。
※乾燥後はやや色が濃くなります。

6.コンクリートの質感を付ける
(2回目:サンド)

次にCenebt sandも水で5倍に薄めてよくかき混ぜます。
ビニール袋をクシャクシャに丸めて浸してからよく絞ります。
同じようにCenebt sandも叩いていきます。
Cenebt DarkGrayと交互に重ねると奥行きが出ます。
全体に模様がついたらよく乾かしてください。

7.コンクリートの質感を付ける
(仕上げ:グレー)

最後にベース色のCenebt Grayを水で5倍に薄めて叩いていきます。
こうすることにより自然な仕上がりになり奥行きが出ます。

8.コンクリート風の壁が完成

上部のコンクリートの打ちっぱなし風の壁の完成です。

9.黒板塗料の用意と塗装

まず塗料の容器をよく降って、必要量を別の容器に移します。
水で塗料を薄め、よくかき混ぜます。

・水性塗料・・・水道水を5~10%ほど入れてかき混ぜて使います。

10.乾燥・2度塗り

よく乾燥させ、再度同じ黒板塗料を上塗りします。

11.仕上げ

塗装が終わったら乾ききる前にマスキングテープを剥がします。
乾いてしまうと塗料ごと剥がれます。乾いてしまったら境目にカッターの刃を入れてから剥がしてください。

12.チョークアート

好きな絵を描いたり、文字を書いたりしてチョークアートを楽しんでください。

13.完成

上がコンクリートの打ちっぱなし風の壁で下が黒板のツートンのおしゃれな壁が出来上がりました。