友安製作所 DIYコンテンツ ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボード

No.013

ブラックアイアン風
DIYツール収納有孔ボード

第11回の「メタル配管パイプでつくる作業台付き壁面収納棚」や、前回の「メタル配管パイプでつくるキャスター付きツールワゴン」に合わせて、有孔ボードを錆エイジング加工したブラックアイアン風DIYツール収納ボード作りました。
ハンマーやメジャーや水平器など良く使う工具をさっと取り出せてとても便利です。
どの位置に並べるかは、壁に取り付ける前に置いた状態でボードの上に道具を乗せて位置を決めておくとスムーズです。

用意するもの

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの材料

有孔ボード

  • 有孔ボード91cm×120cm
  • 有孔ボード専用浮かせ取付ビス
  • 石膏ボード用アンカー…4
  • 有孔ボード用フック、ホルダーなど…必要分

塗料

その他

  • ステンシル用シート
  • スポンジ
  • 作業用手袋
  • ビス

費用 約¥11,000
※道具・ビス代除く

作り方

1.有孔ボードを塗装する

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その1

有孔ボードにブラックスケールメタリックとマットブラックを1:1で混ぜたものを有孔ボードの表側全体に塗ります。
塗料は割りばしなどで良くかき混ぜ、使う分だけを使い捨ての容器に移し希釈します。

2.アイアン風に塗装する

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その2

鉄っぽさを出すために、PBシルバーで金属の鈍い光を表現します。
全体に塗ったブラックが完全に乾いたら、少しだけ希釈したPBシルバーをスポンジにとり、全体にポンポンします。 たくさん塗ってあるところとあまり塗っていないところと敢えてムラにします。 シルバーが目立つと感じたら、全体に塗ったブラックをさらに希釈して上からスポンジでポンポンすると気にならなくなります。

3.錆エイジング塗装をする

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その3  

錆エイジングのBrown Rustをスポンジに適量取り、端や孔の周りを中心にポンポンしていきます。 重ね塗りするので、やりすぎかも…と思うくらいポンポンして大丈夫です。

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その4

Yellow Rustをスポンジにとり、Brown Rustに重ねるようにポンポンします。 Yellow Rustを塗ったところは錆感が増すので端や孔の周りを均一にならないように塗っていきます。 有孔ボードの孔につけていた何かで錆びたようなイメージを浮かべながらすると自然な錆具合になります。

5.塗装の完成

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その5

全体に錆エイジング出来たらボードは一旦完成です。
なんどもPBシルバーや錆エイジングを重ねたり、やり過ぎたと感じた場合はブラックのベースをポンポンしたりなど重ねれば重ねるほど味が出ます。

6.ステンシル

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その7

ポイントに会社名をステンシルすることにしました。英字のステンシルをするだけで錆びたドラム缶のようなインダストリアルな雰囲気がでます。
ここでは全体がシールになっているタイプのものを使って型抜きしました。位置を決めてステンシルの型を貼り付けます。

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボードの作り方その8

ミルクシェーキを希釈せず、少量スポンジにとります。塗料をつけすぎるとステンシルの型とボードの間に塗料が入って文字が滲んでしまいます。 スポンジの孔模様がはっきりわかるくらいかすれるように新聞紙などで試してから、真上からやさしくポンポンします。全体的に薄くポンポンし終わったら場所によって強弱を変えて重ねポンポンをします。

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボード完成

塗料が乾いたらステンシルの型をゆっくりはずし、ステンシルは完成です。

7.壁にとりつける

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボード完成

有孔ボードを取り付ける壁にあてて位置を決めます。ボードを壁にあてながら孔にペンをいれ、位置の印を壁につけます。強度が弱くなるので一番隅ではなく、もう一段内側の孔に有孔ボード用取付ビスをつけます。
下地が無い場所だったのでここでは石膏ボード用アンカーをいれました。
有孔ボード用取付ビスに付属されているスペーサーやワッシャーを取り扱い説明書通りにセットし、ビスを打ち固定します。

完成

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボード完成

付属のブラックカバーを四隅ともにつけたら完成です。

ブラックアイアン風DIYツール収納有孔ボード完成

ホームセンターや100円ショップで販売してる有孔ボード専用のフックやホルダーなどを取り付け、道具を引っ掛けて収納します。